魚介類せり売り業で初めて「東京都食品衛生自主管理認証制度」都認証を取得致しました。

2016.10.18

報道関係者各位

2016年10月18日

第一水産株式会社

「東京都食品衛生自主管理認証」を2016年9月21日に取得したことを本日発表します。
「東京都食品衛生自主管理認証」制度都認証を魚介類せり売り業では初めての認証取得です。



「東京都食品衛生自主管理認定制度」とは、都内で営業許可を取得している食品関連施設等が日々取り組んでいる自主的な衛生管理を厳しい基準のもとに評価する、東京都独自の制度です。飲食店や食品工場等の食品取扱施設で、営業者が自ら定めマニュアル化した衛生管理の方法を申請に基づき認証します。

当社はこの中央卸売市場築地市場の水産物部卸売業者として農林水産大臣の許可を得、国内はもとより世界各地の生産者および出荷者から販売の委託を受け、又は買い付けて、公正、公平、公開の『せり売り・入札』などの方法で、東京都が許可承認した仲卸業者および売買参加者の業者に卸売することを業務としています。

同認証は、厚生労働省が示すガイドラインをベースとした管理運営基準を認証基準としています。この認証基準は、食の安全の国際基準「HACCP(食品安全マネジメントシステム)」との整合を図っているため、東京都の認証基準を満たしたことを契機に、次の段階として国際規格などの認証を目指すことも可能となり、2017年4月〜6月の取得を目指しております。


○食の安全性の向上

・衛生管理の基本である商品の品質、手洗い、温度管理など商品の衛生的な取り扱いに関するルールの基準明確化、習慣化を図ることで、ポイントを押さえ、確実な管理により安全な食を提供することができます。目的を明確化する事で従業員の理解度、一貫性、徹底力を向上させます。

・食品安全リスクの全体監視・管理者の育成。

・内部監査、検査分析、衛生教育。

・どの業務、現場でも確保された食品安全性。

・お客様からの信頼獲得および好印象の向上につながります。

・都ホームページへの掲載により、「食の安全」に取り組む事業者として周知できます。

食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
東京都食品衛生自主管理認証制度
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/ninshou/